2020年10月16日

西川の名物ー月山山菜蕎麦

「月山の雪の中から芽吹く、待ちわびた喜びのはる」
月山のある町―西川町は日本東北の「山菜・きのこの宝庫」です。

日本に来た事がたくさんありますが、西川町に来てから「山菜蕎麦」っていう美味しい料理を初めて食べました。日本全国にも「山菜蕎麦」のお店がありますが、西川町の「月山山菜蕎麦」は、たっぷりの山菜や脂ののった鶏肉などが入ったアツアツの鍋に、キリッと水でしめたそばを入れながら食べます。

そばの花を見たことがありますか?

「2020月山山菜蕎麦新そばまつり」第二弾10月24日(土)〜11月1(日)
お待ちしておりますので、ぜひお越し下さい〜
【日記の最新記事】
posted by アーニー at 16:23| 日記

2020年10月05日

月山紅葉


皆さんこんにちは、地域おこし協力隊の梁です。
初めて目の前の美しい自然の風景を見て、感動した瞬間を覚えていますか?

台湾にも色々な山がありますが、登った事はなく、写真でしか見たことがありません。
ですが昨年、初めて西川町にきた際、『国道112沿い月山−標高1984m』という看板が真っ先に目に入りました。西川町に来る前に、西川町の観光パンフレットを見ていたら、『月山のある町』って書いてあったので、月山とはどの様な山なのだろうかと興味が湧き、いつか月山に登ってみたいと思っていました。

また「出羽三山」は、月山・湯殿山・羽黒山の総称で、古くから人々の信仰を集めてきた修験道の山です。
月山は標高2,000M満たない山ですが、日本海からの季節風を受けるため3,000M以上の山を登らないと見られないような、高山植物にたくさん出会える事ができます。

私は西川町に来て、何度も月山に登りました。
その時に見た素晴らしい景色に感動した事は、これからも忘れる事はないと思います。

今は月山紅葉の見頃なので、皆さんも是非一度、お越しになって下さい。

秋化粧(八掛)-地蔵沼.JPG
posted by アーニー at 12:34| 日記

2020年09月24日

(1) 西川町との出会い

01.jpg

 台湾から西川町に来て2年目を迎えました。初めて来た時、よく同じ質問を聞かれました。「どうして西川町に来たの?」。 2015年の夏、交換留学生として1年間、鹿児島県の鹿屋体育大学に留学しました。そこで日本語を勉強しながら日本文化を体験することができました。

 日本語はあまり得意ではありませんが、日本留学の経験があるので、台湾と日本の架け橋になりたいと思って、台湾と日本に関わる仕事を探し始めました。兵役を退役した後、テレビや求人アプリを見ている間に、鹿屋体育大学で知り合った先輩から突然電話がかかってきて、「ねえ、元気?」「退役した?日本で観光関連の仕事に興味ある?」とお誘いがありました。とても驚きました。奇跡が起こったと思いました。「国立台湾師範大学では西川町との交流会があるよ。時間があったら、西川町の方々に会ってみましょう!」

 西川町と国立台湾師範大学の交流関係は今年で10年目を迎え、西川町は毎年5月に台湾師範大学へ訪問団を派遣し、日本、そして東北の雪国の特色や文化を周知し、台湾との繋がりを深くなるよう頑張っています。また、台湾師範大学の学生も毎年冬休みの時間を利用し、「雪国の西川町」でスキー、茶道、手打ち蕎麦などの日本文化を体験しています!

 今年は西川町の地域おこし協力隊2年目になり、一通り西川町の四季を体験したので、これから月山朝日観光協会HPのブログを利用し、もっとこの日本一の雪国―西川町の魅力を紹介させて頂きます!よろしくお願いいたします!
posted by アーニー at 09:34| Comment(0) | 日記